【習い事】続けるか辞めるか判断に迷ったら?


習い事辞めたいって子どもに言われたら、あなたならどうしますか?「そんな事言ってないで、やるって決めたんだから、ちゃんとやりなさい!」と言ってしまいませんか?

ちゃんと続けなさい!って言っちゃうよね。

この記事では、習い事を辞めてしまった小5の娘が、その後どうなったかを紹介します!最後まで読む事で、ご家庭に合った習い事との向き合い方がわかるでしょう。きっとみんなが笑顔で、習い事を楽しむ事が出来ますよ

目次

子どもにさせたい習い事

子どもには様々な経験をさせてあげたいと思うのが、親心。ここでは人気の習い事から、習い事について考えていきましょう。きっと「はっ」とさせられる事があるかもしれません。

人気の習い事5選

子どもの人気の習い事はどういった物があるでしょう?

2022年・学研教育総合研究所の調査結果は以下のようになっています。

1位:水泳

2位:英会話教室

3位:体操教室

4位:通信教育

5位:音楽教室

引用:学研教育総合研究所 幼児の日常生活・学習に関する調査

水泳は体力もつくので、習わせたいと思う人が多いでしょう。また、今はグローバル化が進んでおり、世界で活躍する人になって欲しいという想いから、英語を習わせたいと思う人もいると思います。習わせている習い事が、ランキングに入っていたでしょうか?

やらせたい習い事と、子どもがやりたい習い事は違う

もうすでに習い事をしているという人が、この記事を読んでくれていると思います。

今1度、考えてみて下さい。

今子どもが辞めたがっている習い事は、お子さんが本当にやりたくて始めたものですか?

子どもというのは、「やりたい!」と始めてみたものの、思ってのと違う…となってしまう事もあります。

しかし、「こう育って欲しいから…」「これは周りもおすすめしている習い事だから…」と、習い事を始めた人はいませんか?

そうだとすれば、子どもが習い事を辞めたいのは、当然かもしれません。

辞めたくなった時はどうする?

では、子どもが辞めたいと言ってきた時は、どうすれば良いでしょうか?うちでは、どうしたかぜひ参考にしてみて下さい。

子どもの意見を尊重する

まずは子どもの話を聞きましょう。友だちとや先生との関係が上手くいってないのかもしれません。

ただ単純に、その日は疲れてしまっただけなのかもしれません。

何が目的なのか、わからなくなった場合もあります。

うちの娘は、プログラミングを習っていました。ある程度自分の思う作品が出来て、発表会が終わった後にみるみるやる気が失われていきました。

それで、「辞めたい…」って言い出したんだよね。

私は小さい時から泣きながらピアノをやっている子でした。ピアノは好きじゃなくなり、今ではある程度弾く事が出来ますが、それが良い思い出には、なっていませんでした。

是非、お子さんの話を聞いてあげて下さい。お子さんの気持ちを受け止めた上で判断しても、遅くないと思いますよ。出来れば、お子さんの意見を尊重してあげて欲しいなと思います。

自分の気持ちを伝える

娘とは話し合いの末

  • 次の何かやる事を決める
  • 最後の日まで頑張る事

これを条件に辞める事にしました。全て子どもの言いなりになる事も違うと思ったのですが、習い事は楽しんでやった方が絶対に良いと思ったからです。

「正直習い事は1つを続けるもの」継続は力なりではありませんが、そう育ってきた私にとって、辞めさせる決断は簡単ではありませんでした。

そのため、私の中で譲れない条件として、上記の2つを出したのです。

親も人、自分の意見を言わない事が良い事だとは思っていません。だからこそ、話し合いが出来る関係が良いですよね

辞めてみたらどうなった?

うちでは辞める事にしたので、その後どうなったかを紹介します!きっと辞める1つの勇気になるかもしれません。辞める事が正解でもないとも思っていますが…

子どもが活き活きしている

楽しくもない事を無理に続ける事もなく、娘は新しい習い事にチャレンジしました。

ちょうど下の子の友だちが、ダンスの練習を見に行ったとの事で、姉妹で見学に行く事にしたのです。

プログラミングをやりたいと言う娘なので、ダンスを見学に行ってみる!と言った事にも驚きました。

しかし、見事に2人とも圧倒されてしまい、ダンスはやっぱり無理か…と落ち込む事になったのです。

しかし、帰ってきてから覚えたダンスを小5の娘が踊っているではありませんか?

「えっ、ダンス楽しかった?」

と言うと、やる気になり「妹もやるなら一緒にやる!」という流れになりました。

でも下の子は「やらない!」の一点張り。

お姉ちゃんは、なぜか必死に妹を説得。

シールをあげる事を条件に、妹をダンスの道へと引きづり込んだのです(笑)

しかし、2人とも今ではものすごく楽しそうに家でダンスを踊っています。

家の関係上、下の階に響くのでやめて欲しいですが、とても楽しそうに踊っている2人を見て、習い事やめて良かったなと思っています

体力もついてきた

そして、何より筋トレみたいな体操もあるので、今まで出来なかった腹筋も出来るようになりました。ダンスの後は疲れがマックスになっていますが、体力もついてきて良かったなぁなんて思っています。

まとめ

うちでは子どもが辞めたい気持ちを尊重し次の習い事も無事に決まる事が出来たので良かったですが、そうはいかない事もあると思います。しかし、子どもの話を聞き、子どもがやりたい習い事を思いっきりさせてあげる事で、自ら積極的に学ぼうとする姿が見られるでしょう。

イヤイヤやっている事からは、大人だって学びは少ないですよね。もちろん、プログラミングも楽しんでやっていたので、学ぶ事もたくさんありました。タイピングが早くなったのが、私的には1番の驚きだったかな。

プログラミングに興味を持ったら、無料体験はいかがですか?

習い事辞めるか続けるか判断に迷ったら、「子どもの話を聞く事」が本当に大切な事だと思います。子どもの気持ちを尊重するって意外と難しい。しかし、尊重する事で、子どもとの関係も良いものになりますよ。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次